Computer Graphics

ここではCG関連の覚書やちょっとしたまとめを書いています。時間に余裕ができたら何か書きます。

001

CGの計算過程で最も重要な単位である放射輝度についてLast modified : 2016-12-03 23:58:23

002

単純でありながら、複雑な問題にも対応出来る数値計算手法の一種Last modified : 2016-12-03 23:58:23

003

モンテカルロ法の分散を低減し、収束を高速化する手法Last modified : 2016-12-03 23:58:23

004

離散確率や無限級数へのモンテカルロ法の適用、不偏/一致推定量Last modified : 2016-11-18 02:48:24

005

異なる測度間における確率密度関数の変換についてLast modified : 2016-12-03 23:58:23

006

物体表面での光の反射や透過などをモデル化した方程式Last modified : 2016-12-03 23:58:22

007

3点形式と経路積分形式、レンダリング方程式の異なる定式化Last modified : 2016-12-03 23:58:23

008

モンテカルロレイトレーシング(MCRT)系手法の最も基礎となる手法Last modified : 2016-12-03 23:58:23

009

パストレーシングの実装にあたっての解説Last modified : 2016-11-18 02:48:25

010

反射・透過イベントに基づいた正規表現による光輸送経路表記法と分類Last modified : 2017-03-26 00:52:03

011

光源から出射される放射輝度がどのようにして計算されるかLast modified : 2016-11-18 02:48:24

012

IBLによる環境光や太陽光のような無限遠光源の扱いかたについてLast modified : 2016-11-18 02:48:24

013

レンズによるボケを再現する方法と、シーン中の1点目の確率密度の求め方Last modified : 2016-12-03 23:58:22

014

BPTなどで使用される、複数の異なる確率分布からのサンプル値の結合手法Last modified : 2016-12-03 23:58:23

015

光源と視点双方から光の経路を追跡するPTの発展手法Last modified : 2016-12-03 23:58:23

016

双方向パストレーシングの実装にあたっての解説Last modified : 2016-11-26 23:26:41

017
双方向アルゴリズムにおける法線補間の扱い方

法線補間を双方向アルゴリズムで使ったときに起きる問題への対策Last modified : N/A

018
メトロポリス光輸送 (Metropolis Light Transport)

メトロポリスサンプリングを応用して経路空間を探索する手法Last modified : N/A

019
Primary Sample Space MLT

経路の素となる乱数レベルで変異を考えることによりシンプルになったMLTLast modified : N/A

020
PSSMLT実装

PSSMLTの実装にあたっての解説Last modified : N/A

次のページ


Today : 00000021 Total : 00041682
Copyright © 2017 shocker.